読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山ごはんでジブリ飯♪ byマネ

山ごはんでラピュタ飯シリーズから、

へ♪

 

 

以前のラピュタ飯ブログは下記ご参照ください♪

 

yamagohan.hatenablog.com

 

yamagohan.hatenablog.com

 

 

”ジブリ飯”かどうか微妙ですが......(笑)

 

 

今回は、

 

 

)♪

 

 

f:id:otonajoshi:20160113131302j:plain

 

 

 

 

f:id:otonajoshi:20160113113955j:plain

左上から時計回りにサタケ/えびプラフ、ゆでたほうれん草のくき、ミニトマト、調味料(コンソメ・バター・ケチャップ)、たまごケースに入れたたまご、ナイフ、ライター、スプーン&フォーク、ペースト状にしたゆでたほうれん草、スノーピーク/チタンダブルマグ300カップ、エバニュー/セラミックコッヘル (中にはプリムス/P-115とガス缶)

 

 

【材料】2人前

サタケ/えびピラフ 1袋  

■卵  3個 

■ゆでたホウレンソウ 2/3束

※茎の部分 適量

※葉の部分をペースト状にしたもの 適量

■ミニトマト 適量 ※半分に切って

■バター 1片 ※油などでもOK

■ケチャップ 大さじ1杯ほど

■お湯  140g

■(お好みで)コンソメ 少々

 

 

【作り方】

①コッヘルにお湯を沸かして、フリーズドライのエビピラフを戻します。(15分)

※フリーズドライのごはんものはとっても簡単!!

シリカゲルとスプーンを取り出し、注水線までお湯をそそぎ、スプーンでまぜて、あとは、袋を閉じて待つだけ!

※お湯を入れる際にお好みでコンソメを少々いれても!

f:id:otonajoshi:20160113114539j:plain

 

 

②たまごとペースト状のほうれん草を混ぜ、バターを塗ったフライパン(コッヘルの蓋)でたまご焼きつくり♪

※今回はピラフの味がかなり濃いので、たまご焼きには味をつけません。

※一気に流しこまず写真のように、2~3回にわけて、フライパンに流しいれます。

弱火にするのと、卵をかえすときは、焦らないで火から離して落ち着いて行うと、失敗が少ないです!

f:id:otonajoshi:20160113130846j:plain

f:id:otonajoshi:20160113131058j:plain

 

 

④①でできあがったごはんにケチャップ(お好みで余ったバター)を入れます。

f:id:otonajoshi:20160113120322j:plain

 

 

⑤お皿にピラフを盛って、たまご焼きをのせる。

※写真の状態で、ナイフでたまご焼きを開くと、うまく、ピラフ全体にたまご焼きがのっかります!

f:id:otonajoshi:20160113131422j:plain

 

 

⑥ゆでたほうれん草の茎と、ミニトマトで飾り付け

f:id:otonajoshi:20160113131135j:plain

 ※上記の材料で、こちらの王蟲ライス(オムライス)が2個作れます!

 

 

 

ケチャップを入れた味濃いめのピラフと、たまご、野菜たちのバランスがぴったり!

 

 

 

もう少し、ほうれん草のペーストで全体を緑色にして王蟲っぽくしたかったのですが....

次回への反省です(笑)

 

 

<ワンポイント>

①野菜を細かくペースト状に

今回は王蟲色を出したいがために(笑)ゆでたほうれん草をジューサーでできるだけ細かくしました!

けれど新しい発見!ペースト状にすると、かさも減って、山ごはんにはいいかもしれません♪

f:id:otonajoshi:20160113095540j:plain

 

 

②ケチャップやバターはサランラップに包んで、まとめて調味料入れに。

ケチャップは、ナイフでサランラップにキズをつければ、チューっとしぼりだせます。

f:id:otonajoshi:20160113114849j:plain

 

 

③作り方は以前のあややのオムライスを参照に、ずぼら仕様にしました!

yamagohan.hatenablog.com

 

 

 

遊び心で山はもっともーっと楽しくなります♪

 

 

 

みなさまの楽しい山ごはんレシピもぜひ教えてください♪