読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Try♫ 焼きりんご By まっちゃん

こんにちは。

暖かくなってきましたね(*^。^*)

 

桜の開花が始まりました。東京は21日、大阪は30日でした。

余談ですが、「開花」とは、花が5~6輪咲いたときに用いるそうです。

みなさん、知ってました?私は知らなかったです。

 

で、暖かくなってきたので、冬眠から目が覚めた私は、先日、小豆島にキャンプに行ってきました。

 

今回はスイーツ担当です(ー_ー)!!

野外なので、暖かいモノがいいな~と考えたのが「焼きりんご」。

ダッチオーブンを使って、Let's Try♫

 

☆使う道具☆

・細めの果物ナイフ(芯抜き用。芯抜き器があればもっと便利)
・ダッチオーブン

・底あげネット
・アルミホイル
  
※底上げネットは、リンゴをじかに置かず、中空に置くために使います。

底上げネットに、アルミを敷いて(パイ皿、耐熱陶器でもOK)、アルミで包んだりんごを置く。

「なぜ?」…かというと、汁がこぼれて焦げ付くのを予防するためです。

 

☆材料☆

りんご

理想は「紅玉」。酸味が強いため、味がぼやけない・風味が残る。煮崩れしにくい。昔はどこにでも売っていたのですが、手間が大変かかるらしく、なかなか見つけられないりんごになってしまいました。価格も高いです…(T_T)

今回は、紅玉に近い、「ジョナゴールド」を使いました。「ふじ」でもOK。

バター

りんご1つにつき、大さじ1ずつ

三温糖かブラウンシュガー

りんご1つにつき、大さじ1ずつ

シナモン、ナツメグなどお好みで。

f:id:otonajoshi:20170322144719j:plain

☆焼きりんごの作り方☆

①りんごの芯を抜きます。

f:id:otonajoshi:20170322145019j:plain

 ②抜いた芯に、三温糖・バター(細長く切って、縦に入れて詰め込みます)・シナモンスティックをいれます。

f:id:otonajoshi:20170322154225j:plain

③アルミホイルでりんごを完全に包みます。

f:id:otonajoshi:20170322155133j:plain

④火は、中火で15分くらい。蓋が熱くなってきたら、弱火で1時間半、じっくり火を通します。

f:id:otonajoshi:20170322203732j:plain

時々、ちらちら様子みました。

f:id:otonajoshi:20170322204632j:plain

とっても美味でしたヽ(^。^)ノ

りんごの甘酸っぱさと砂糖が溶け合って、何とも言えない美味しさ♫

バターの香りがたまらん!!

1個、軽くペロリといけます!!