おろしそばはじめました Byなみへ~

 暑中お見舞い申し上げます

f:id:otonajoshi:20170714004521j:plain

涼を求めて西沢渓谷へ行ってまいりました!

近くの川で、川の水で冷やしたそばをたべました―^^

 

f:id:otonajoshi:20170714004550j:plain

こんな感じの材料です、特に凝ったことはせずに^^

 

f:id:otonajoshi:20170714005202j:plain

川の水でそばをしめる!!っていうのだけやりたかった。。。

大根おろしバージョンと、たまごのっけバージョンで楽しみました^^

 

f:id:otonajoshi:20170714004616j:plain

 エバニューのたまごケースを使い

温泉たまご風にしたかったのですが

白身がうまくとれず写真のように(笑)

形はアレですが、雰囲気と食感はよし!


f:id:otonajoshi:20170714214344j:image

西沢渓谷名物 よもぎのおもち

f:id:otonajoshi:20170714004651j:plain

f:id:otonajoshi:20170714004635j:plain

甘くなくて、餅がやわらか~~~~くっておいしいです♪

夏の西沢渓谷、人も少なくておすすめですよ~~☆

f:id:otonajoshi:20170714005233j:plain

 

http://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=22500

byなみへ~

 

麺にハマってます byるんちゃん

最近ハマっている山ご飯は麺もの!

暑い時期、バテて食欲が無くてもスルッと胃に入るので

おすすめです(^^)

 

先日行った飯豊の頼母木(たもぎ)小屋でのメニューは

もつ煮込みうどん!

f:id:otonajoshi:20170620185141j:plain

 

始めはもつと野菜炒めを楽しみ、

f:id:otonajoshi:20170620185036j:plain

 

シメにうどんを投入!

うどんは生麺がすぐ煮込めて便利。

ちょっと重くてかさばるけど

乾麺より時短で喉越しが良い!!

f:id:otonajoshi:20170620191744j:plain

もつが少なくなったので、

車麩と魚肉ソーセージ(!)でボリュームアップ♪

お味噌も少し足して味を整えました。

 

翌朝は米麺のフォー。

昨日の余ったうどんも足して朝からボリューミー。

乾燥パクチーと真空パックの焼き鳥でエスニック風に。

朝からしっかり食べないとバテちまいますから!

f:id:otonajoshi:20170621043123j:plain

 

ちなみに使っているのは

ユニフレームの山フライパン17㎝

割と深くて煮込みもバッチリ、

ご飯も炊けちゃいます♪♪

 

次は何を食べようかな~じゅるじゅる( *´艸`)

 

by るんちゃん

 

 

軽い!早い!簡単!カボチャサラダ byつじまい

先日、武奈ヶ岳に登山に行ったときにつくった山ごはんです。

メインは、アルファ米にレトルトのカレーごはんの素を混ぜただけなので、割愛。

f:id:otonajoshi:20170613120541j:plain

脇役のカボチャサラダのレシピをご紹介します。

 

【材料】三人分

・カボチャフレーク・・・70グラム

・牛乳(常温保存OKのタイプ)・・・200cc

・ドライフルーツ&ナッツ・・・適量

・ミックスビーンズ・・・適量

・マヨネーズ・・・お好きな方はたくさん

 

f:id:otonajoshi:20170613114038j:plain

 

【つくりかた】

1 ドライフルーツ&ナッツをナイフで砕く。

2 全てをボウルに入れ、様子をみながら、牛乳とマヨネーズを加え混ぜる。

 

f:id:otonajoshi:20170613120344j:plain

 

以上(笑)

とっても簡単ですが、おいしいのです!!

カボチャフレークは100g入りのものでしたが、もどすとカボチャ1kgに相当するそうです。

スープにしてもいいかも。

とっても軽いので、お泊り山行にもおすすめです(*^_^*)

 

武奈ヶ岳のレポートはこちらをご覧ください。

新緑と花の武奈ヶ岳

 

byつじまい

野菜たっぷり!餡かけパリパリかた焼きそば byつじまい

先日、北アルプスの蝶ヶ岳に行ったときの山ごはんをご紹介します。

 

山でしっかり野菜が食べられる!女性にうれしいメイン料理です。

餡かけかた焼きそば 

f:id:otonajoshi:20170605161147j:plain

材料

・野菜ミックス(白菜・人参・玉ねぎ・きのこ)・・・好きなだけ

・カニやホタテなどの海鮮缶詰

・かたやきそば

・パーポー(八宝菜のもと)

・しょうが

・炒め油

・片栗粉

・醤油(味が薄ければ)

f:id:otonajoshi:20170605154337j:plain

作り方

1 鍋に炒め油をしいて、野菜を炒める。

2 油が全体にまわったら、缶詰と少し水を入れて蓋をする。

f:id:otonajoshi:20170605160657j:plain

3 きくらげを水で戻し、そこにパーポーを入れ溶かす。

f:id:otonajoshi:20170605155918j:plain

4 いったん火を止め、3を鍋に入れてかきまぜる。

f:id:otonajoshi:20170605161332j:plain

5 お好みでしょうが・醤油を足し、片栗粉でとろみ調整。

  パーポーだけでも、とろみはつきます。

6 かたやきそばの上にかければ、完成!

 

「蝶ヶ岳」にとてもよく合いました(^^♪

 

f:id:otonajoshi:20170605162352j:plain

 byつじまい

あっと言う間!のトマトとワカメのサラダ byあやや

先日出掛けた蝶ヶ岳。手分けして夕ご飯を作りました。

私はサラダ担当。簡単であっと言う間に出来るので、つまみ食い注意です(*^_^*)

f:id:otonajoshi:20170605161621j:plain

《材料》3人分

f:id:otonajoshi:20170605154959j:plain

・トマト  1個

・乾燥海藻 好きなだけ

・トスサラ(ドレッシング)

《作り方》

①乾燥海藻を水で戻し、トマトを適当な大きさに切る。

海藻は結構増えます!!

f:id:otonajoshi:20170605160353j:plain

②トスサラをかける。

色々味があるのですが、この黄色いトスサラが一番好きです。パウダータイプなので軽くて液漏れの心配もなくとても使いやすいです。

お好みで乾燥野菜をさらにトッピングしても良いと思います。

f:id:otonajoshi:20170605160441j:plain

③完成!!

暑くて、紫外線もたっぷり浴びたので、抗酸化作用のあるリコピン豊富なトマトが女子のお肌には嬉しい。

長野のトマトは大きくて食べ応えもあります♪

f:id:otonajoshi:20170605161621j:plain

因みに、使用したトマトは小屋に着いてから雪の下で冷やし、雪割りトマトにしてみました(笑)

f:id:otonajoshi:20170605122833j:plain

 

ちくわのポテサラ詰めby荻野なずな

つじまいから、練り物シリーズのリクエストがありましたので、作りました。

f:id:otonajoshi:20170605161521j:plain

【材料】
■ちくわ 
■粉末ポテトサラダ(無ければマッシュポテト)
■マヨネーズ
■お湯

f:id:otonajoshi:20170605155113j:plain

【作り方】
①お湯を沸かして粉末ポテトサラダを戻し、マヨネーズで味を整える。

f:id:otonajoshi:20170605155626j:plain 
袋のまま作業すると器が汚れなくてらく。

 f:id:otonajoshi:20170605155917j:plain
イモがちょっと温かくて、感触が気持ちいい。

②ちくわに切れ目を入れて、イモを絞る。

f:id:otonajoshi:20170605160624j:plain 

ココを切りますと、やり易いです。

 f:id:otonajoshi:20170605161314j:plain

③食べやすい大きさに切って、醤油を付けて食べるとイイつまみになります。

 

準備で、ガワを捨てて小さい袋に入れ替えている時に、ちょっと遊んでみました。

f:id:otonajoshi:20170604204138j:plain 
侍。                 

 f:id:otonajoshi:20170604204036j:plain
アップ。

準備中と作る時、2度笑えました。
グッジョブ、私。

f:id:otonajoshi:20170608162807p:plainby荻野なずな

山の恵みを山でいただく byるんちゃん

秋田出身の山の先輩から

貴重なお土産をいただきました!

f:id:otonajoshi:20170525222819j:plain

こいつはぜひとも山で食べたい!

ということで飯豊山に持っていきました。

 

泊まった切合(きりあわせ)小屋にていざ実食!

f:id:otonajoshi:20170530170635j:plain

うん、やっぱり熊肉は牛肉だ。おいしい。

初日はバテてヘロヘロでしたが、

この熊カレーを食べたおかげで翌日は調子が良い良い♪

でもちょっとパワーが強すぎたのか目が冴えて眠れませんでした(@_@)

 

ちなみに小屋の水はまだ出ていないので

雪を融かして利用しました。

f:id:otonajoshi:20170530163552j:plain

f:id:otonajoshi:20170530163741j:plain

飲用に持ち運んだ水は3.5リットル、

調理用は雪を使うためガスも満タンの小型110缶を持参。

この時期は使いかけのガスだと量が心配ですよね(´з`)

 

飯豊山は時期によって

持って行く水の量が違うので

事前にしっかり情報収集していくのがベストです。

 

by るんちゃん