タンドリーチキンカレー Byなみへ~

アルファ化米アレンジ『タンドリーチキンカレー』
ど~も、ずぼら代表なみへ~です。

見た目がいい食べ物だったら、山でテンションもあがるのです。

f:id:otonajoshi:20170906133306j:image
 材料

ドライカレー:1人1袋 (中に入っているスプーン等は抜いてください)

スーパーで売ってるタンドリーチキンの素 をジップロックに入れ

鶏肉&今回はミニトマトもいれちゃいます

鶏もも肉:250gぐらいとミニトマト6~10個もいれてそのまま冷凍!
f:id:otonajoshi:20170908071105j:image

そのまま保冷バックにいれ当日持っていきます。

(そろそろ食材の痛みも少ない頃ですね^^;気温の高い日などは注意が必要ですが…)

 f:id:otonajoshi:20170906133348j:plain

 ドライカレーはお湯を入れて15分!

タンドリーチキンは程よく解凍され、エバニューのフライパンで炒めます!

あとは盛り付けて乾杯して終わり~~

f:id:otonajoshi:20170906133407j:image
烏帽子岳でえびす・・・
昨年秋のグッディでご紹介したレシピです!!

あんときはぁ~・・・・ずぼらN&Nコンビで作ったけど、、、、

もう一人のN!!(ニコ)ちゃんにアドバイスもらったレシピなのでーす♪

http://www.kojitusanso.jp/guddei-research/back-number/guddei_2016au  tumn/

 

食した登山レポートはコチラです。

http://www.kojitusanso.jp/otonajoshi/tozan-report/detail/?fm=22647

http://www.kojitusanso.jp/otonajoshi/tozan-report/detail/?fm=22679

 

今回の秋のグッディは屋久島特集!!

なみへ~くみんちゅで取材してきました^^

近日販売します!! ぜひ店頭でGET!!

 

 

Byなみへ~

すいすいパスタでペペロンチーノ  Byあやや

皆さんこんにちは。

食欲の秋でなくても、年中食欲旺盛なあややです。

 

世間様では「ロカボ」なんて流行っていますが、山では美味しいごはんをお腹いっぱい食べたいですよね、というか積極的にカロリーを摂取しなければならないですよね?!登山愛好家は!!

こんな大義名分がありますので、パスタは山でよく作ります。

時短やガス消費抑制の為、たいてい早茹でパスタを使用しています。手に入らない時はすいすいパスタにしています。

※初めて知ったのはアウトドア料理の達人、チュンチュンこと小雀陣二さんの本でした。外国の料理研究家の方が考案者だそうです。

 

という事で、過去にメンバーも何度か紹介しておりますが、改めてすいすいパスタを作ります。

f:id:otonajoshi:20161022165648j:plain

《材料》1人前

f:id:otonajoshi:20161022164032j:plain

《材料》

パスタ  100~150g

おつまみのほたて 1パック

ペペロンチーノの素 1人前

乾燥バジル (あれば)適量

水 適量

《下準備》

パスタを戻します。通常サイズの長さだったのでジップロックの中で半分に折り、水に浸けます。

※目安・・・パスタ(g):水(ml)=1:3

f:id:otonajoshi:20161026113659j:plain

1時間後。ラーメンみたくなりました。浸け置きが長い分には問題ないそうです。

f:id:otonajoshi:20161022164227j:plain

 《作り方》

①メスティン(もしくはフライパン)に下準備した麺を入れ、少量の水を加え麺が透明になるまで火にかける。めっちゃ早いです。1~2分で透明になります!!

f:id:otonajoshi:20170902112056j:plain

※写真「新米パパの山ブログ」さんより引用(すみません、撮るのを忘れておりました。)

 

②パスタの素・ほたてを加えて絡める。

③(あれば)バジルを振って完成!!

 

あらかじめ麺の内側に水分が含んでいるので茹で上がりがとても早いのです。

茹で汁がでないのも嬉しいポイントです。

また、オリーブオイルベースですと、急速に冷える山でも麺同士がくっつき難いという効果も。

モチモチしている触感が好きで、家でもたまに作っています♪

とっても簡単ですので、是非皆さんも作ってみて下さい!(^^)!

 

マシュマロカフェ・オ・レ♡byなっちゃん

f:id:otonajoshi:20170827212353j:image

先日の北アルプス山行で、槍ヶ岳を眺めながら贅沢ティータイムを堪能してきました♡

お手軽簡単ですが、なんだか豪華に見えるマシュマロカフェ・オ・レ♡

 

【材料】(一人分)

◾︎スティックタイプのカフェオレ・・・1本

◾︎お湯(バーナーで沸かすor保温ボトル)適量

◾︎マシュマロ・・・適量

 

【つくり方】

①カップにスティックタイプのカフェオレを入れ、お湯を注ぎしっかり溶かす。

f:id:otonajoshi:20170827212408j:image

②カフェオレにマシュマロを浮かべる。

♡今回は細かいカラフルなマシュマロを入れてみました♡

f:id:otonajoshi:20170827212420j:image

③SOTOのポケトーチでマシュマロを焼く!

これだけで完成です✨

 

簡単なのに、見た目も味もグレードアップ(´∀`)✨

SOTOのポケトーチは5年前からずっと愛用していて、山ごはんの仕上げにも便利なアイテムです。

私はスケルトン愛用者♡入れ替えるライターの色でカラーを楽しんでます(´∀`)

今回のようにマシュマロを焼いたり、チーズなどに焦げ目をつけて仕上げるのにぴったり♡

山ごはん作りがまた1つ楽しくなります♪

ぜひ一度使ってみてくださいね(´∀`)♪

 

byなっちゃん

水の確保by荻野なずな

北海道で登山する時に問題になるのが、飲み水の確保です。

ご存じの通り、北海道の水は「エキノコックス」という寄生虫の卵が混ざっている恐れがあるので、生水は飲んではいけないのです。

 

飲み水を確保するためには、この3択。※(カッコ)内は荻野心の声です。

①必要量を下から担ぎ歩く(ご勘弁!!)

②煮沸する(料理の時はいいけどガスをたくさん使うし、冷たい水が飲みたい。)

③携帯型の浄水器を使う(コレしかないな)

 

という訳で、今回使用した浄水器はこちら。

MSR ミニワークスEX

f:id:otonajoshi:20170726150222j:plain

1Lのナルゲンボトルにピッタリハマります。

f:id:otonajoshi:20170726094105j:plain

あとはシュポシュポ。

浄水スピードも速く、浄水スピードが落ちればその場でカートリッジを洗浄できます。

カッコいいですが、ちょっと重い。でもカッコいい。水吸うと更に重い。でも・・・。

 

こんなご時世なので、災害用に一家に一台持っていても良いかもしれません。

f:id:otonajoshi:20170726101328j:plain

頭が悪そうだけど楽しそうなコマドリ(左)、もはやモノマネにもなっていないコマドリ(右)

 

余談ですが、ブラックジャックが、エキノコックスに感染して、鏡見ながら自分のお腹を切って、取り出す話を思い出しました。鏡に映すと動作が逆さまになるから、てこづるんだけどやり切る。そんな話しだったような。

スゴイね、黒男。

 

f:id:otonajoshi:20170817153208p:plainby荻野なずな

具だくさんのスープカレー  byあやや

こんにちは。

”北海道にちなんだものを食す”の第三弾。

最終回は「スープカレー。」北海道といえば、これは外せません!!

f:id:otonajoshi:20170728155823j:plain

■材料(2人分)

f:id:otonajoshi:20170728151323j:plain

アマノ 畑のカレー     3袋分

かぼちゃ(パウチされたもの)1袋

しめじ・ヤングコーン・いんげん  適量  

干し牡蠣             2袋

コンソメ             1~2袋

オリーブオイル          適量

水                適量

(あれば)野菜チップス      適量

アルファ米            2袋    

■下準備

・アルファ米をお湯で戻しておく。

・野菜を食べやすい大きさに切る。

f:id:otonajoshi:20170728152357j:plain

 

■作り方

①オリーブオイルをひき、切ったキノコ・野菜類を炒める。

f:id:otonajoshi:20170728152556j:plain

②具材がひたひたになる程度に水を加え、さらに干し牡蠣・カボチャを加え沸騰するまで煮る。

f:id:otonajoshi:20170728153834j:plain

 ③フリーズドライを入れる。味が足りなければコンソメで調整する。

f:id:otonajoshi:20170728154858j:plain

④完成!!

 今回のカレーをフリーズドライにした事で、味付けの失敗が無く軽量化する事が出来ました。

具材はかぼちゃではなくジャガイモにしたかったのですが、パウチされているものを用意出来ずかぼちゃで代用しました。

その結果、かなり甘く仕上がりました(笑)

キノコ・野菜類は毎度テント場で雪解け水で冷やしていましたが2~3日が限界です。しっかりと火を通して食べるようなメニューにするのも縦走での食事ポイントです。

ホタテと蟹のトマトクリームリゾット  byあやや

こんにちは。

”北海道にちなんだものを食す”の第二弾です。

今回の食材は「蟹・ホタテ」そりゃもう北海道はヒーロー級の海産物がひしめいておりますので、ふんだんに使います

f:id:otonajoshi:20170727162427j:plain

■材料(2人分)

f:id:otonajoshi:20170727153814j:plain

・カニ缶     1個

・ホタテ(缶)  1個

・玉ねぎ     小1個

・マッシュルーム 5.6個

・クリームベースのスープの素 2袋

・トマトペースト  1~2袋

・粉チーズ&フライドガーリック 好きなだけ

・水        適量

・オリーブオイル  適量

・(あれば)飾りの野菜チップス 適量

・塩・コショウ   適量

・アルファ米    150~200g程度

■下準備

・玉ねぎをみじん切りにする。

・マッシュルームを適当な大きさに切る。

 

■作り方

①オリーブオイルをひき、みじん切りした玉ねぎを炒める。

f:id:otonajoshi:20170727155257j:plain

 ②玉ねぎがしんなりしてきたら、マッシュルームを加える。ある程度炒めたら具材がひたひたになる程度まで水を入れカニ缶・ホタテを入れる。

(※ホタテは今回パウチにした為、少しゴミの量を減らす事が出来ました。)

f:id:otonajoshi:20170727155936j:plain

③さらにトマトペーストを加え、ひと煮立ちさせる。

f:id:otonajoshi:20170727160153j:plain

④アルファ米、粉チーズを加え様子を見ながらかき混ぜる。水が足りなければ足す。

f:id:otonajoshi:20170727160751j:plain

⑤完成!!塩・コショウで味を調えて下さい。

魚介のうまみがしっかりと感じられるこの料理はアルファ米と水を足せば無限に増殖していくので、がっつり派の方にも是非お勧めです(*^_^*)

燻製ベーコンのアラビアータ byつじまい

8月9日から一泊二日で北アルプスの双六岳に行ってきました。

北アルプス 双六岳へ テント泊①

北アルプス 双六岳へ テント泊②

テント泊で、つくった夜ごはんをご紹介します。

f:id:otonajoshi:20170809175947j:plain

【燻製ベーコンのアラビアータ】

材料 二人前

・ペンネ・・100g

・家で仕込んできた燻製ベーコン・・お好きなだけ

・アラビアータのもと・・二人分

f:id:otonajoshi:20170809172905j:plain

作り方

①ペンネをお湯でゆでる。山では3分でゆでれるタイプのパスタがおすすめ。

②切った燻製ベーコンを炒めて、アラビアータの素を投入。

f:id:otonajoshi:20170809175150j:plain

③ゆでてパスタも投入。以上。

 

今回は、お家で一週間前から仕込んだベーコンがメインなので、

山では簡単調理です。

ベーコンの作り方

↓ ↓ ↓ ↓

yamagohan.hatenablog.com

つけあわせのサラダでバランスよく☆

f:id:otonajoshi:20170809180021j:plain

最近はまっているカボチャサラダは、わさび平小屋でゲットしたリンゴを足しました。

yamagohan.hatenablog.com

燻製ベーコンは、お家で冷凍して持っていきましょう!

 

byつじまい